パイセンフリーランスの話(in札幌)

投稿者: | 2019年12月29日

最近、とてもフリーランスという働き方に興味があっていろいろ調べてたんだけども、ふと、4年前に退職した元上司が今はフリーランスで仕事してるのを思い出して、パイセンのところに突撃インタビューしに行ってきました。

退職当時の話

今、思い返せば退職当時のパイセンは精神的にも肉体的にもズタボロでリタイアみたいな形で会社を去っていました。当時、私はパイセンの部下だったんですが、いろんな方から悪意で叩かれストレスからアトピー性皮膚炎とかなったり、結構ヒドイ状態だった記憶がありました。

今はとっても元気に活躍されてますけどね😊

実は結構前から会社を辞める準備をしていた話

「会社を辞めたい。」と考え始めた時、会社組織というもの自体に大分うんざりしていたそうで最初から転職には興味はなかったんだそうです。自分で何かビジネスがしたい。そう思って独自の構想をずっと練っていたんだとか。

「マンション買って、駆け出しエンジニア入居させてトキワ荘とか、松下村塾みたいに人育ててエンジニアとして市場に出すんだ!!」って・・・。

「今思い返せば、追い詰められすぎてめちゃくちゃなこと考えてたなー🤣」って笑ってましたが、ヘロヘロになりながらも、その構想をパイセンがガチで語ってくれたのを覚えてます。SESで未経験のエンジニアばっかり教育を押し付けられて本当にまいっていた時期でしたからね・・・😫

でも実はその時、本気でそれやろうとして企画書を作って銀行の融資窓口でお金を借りようとしていたんだそうです!😳・・・しかし、結果は惨敗。半年近く、いろいろな金融機関の窓口に行っては融資を断られていたそうです。本当に会社を辞めたい一心で走り回ったんだと言ってました。

そもそもマンションを買うって時点で銀行に直接行くと、「物件価格の2割は頭金」が求められるんだそうです。それで、半ば諦めかけながらもフラッと立ち寄った不動産屋で「頭金ゼロから始められる不動産投資」に出会ったんだそうです。

サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

光明は見えたが会社は辞められない話

散々、銀行に融資を断られた後で「頭金無くてもウチなら不動産投資できますよ。」と、シレッと言われて最初は怖いと思ったそうですが、とにかく会社を辞めたい!という思いが勝ち申し込むことに。

すると、「中古不動産はリスクが高くて融資が通りにくい」という話らしく投資用物件は新築でアパートを建てることになったんだそうです。すると、パイセンには辛い時期が訪れます。

融資を受ける為には会社員としての安定した収入がある必要があるので、建築が完了して家賃収入が入るまで会社を辞められなくなってしまいました。結果的に家賃収入を確認して退職に至るまで、最初に動き始めてから2年が経っていたんだそうです。

魂の休養期間の話

耐えに耐えて、ズタボロになりながら家賃収入を得てようやくの退職だったので、最初は失業保険を受け取りながら職業訓練校に通ってスローライフしてたんだそうです。それからしばらくして、フリーランスで仕事しないか?というお話を人伝に貰ってボチボチ仕事を再開したんだそうです。

そっからは、札幌のフリーランス市場でいろいろと仕事をやってるんだそうです。

札幌のフリーランス市場の話

ITエンジニアのフリーランス市場だと、いつでも募集しててすぐ入れる案件だと40~50万くらい。高めの案件はスキルがニッチでマッチングの審査も厳しくて、契約も短期になることが多いみたい、そもそも60~70万の案件詳細を聞きに行くとだいたい内容が「東京行き」になってることが多いそうです。

わかっちゃいたけど、地方の市場はこんなもんかぁ。厳しいなぁー・・・🤔

働き盛りの時期にフリーランスでこの程度の収入で、50代になって同じような働き方ができなくなってしまったら、詰むよね😥すごく、副収入を作っておくことの大切さを痛感しました。

実績でコネクションを作ろうって話

結局、「誰でもいいから来てー!」っていう案件はSESでもフリーランスでもいつでも拾える。ただ、それじゃ大きくは稼げないから今の仕事の繋がりから、よりよい条件でお仕事貰って独立できる様に頑張るのが一番良いってことだよね。

今度、独立支持してくれてるお客さんに相談してみよう🤔

100%フリーランスになる前に、試しに副業から始めてみるのもアリかなぁ。

Another worksで無料で複業探し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です