引っ越し費用は抑えたい。

投稿者: | 2019年12月23日

昨日は閑散期に物件探しする時の交渉ポイントのお話だった。その中ですこし引っ越し費用にも触れてたから引っ越し費用の押さえ方をつらつら書いてみる。

引っ越しは、水曜 or 木曜でするのがオススメ。

やっぱり週中は休みとれる人少ないし業者さんっも空いてるらしい。週末だと2件3件回らないといけないから時間の制約も厳しくなる上に、もともと忙しいところに仕事詰め込む感じになるから値引き交渉もかけにくい。

お仕事で有給とれるなら、週中で打診してみるとそれだけで業者さん側から「この曜日ならこのくらいまで下げれます!」って言ってくれたりしますよ。閑散期でなくても、あくまで業者さんの予定がポッカリ空いてるとこならサービスしてもらえるって話なので、時期を問わず「水・木あたりで有給取って引っ越しをと思ってるんだけど、どこならサービスしてくれます?」って聞いちゃうのがいいでしょう。

引っ越し業者の選び方

とりあえず、手短な業者がオススメしてくる引っ越し業者に相談するのはやめましょう。大概、不動産屋でも建築屋でも「うちの紹介でって言えば少し安くしてもらえますよ。」って言って業者さんのカード受け取ることになると思いますけど業者同士が協力して斡旋するってことは必ず裏でキックバック広告料を支払ってます。

そのキックバック広告料が転嫁されるのは、もちろんエンドのお客様な訳で。そんな仕組みの上でご紹介を受けて費用を抑えられる訳がない。メンドクサイけど、ちゃんと見積もりは複数取った方がいいですよー🤤

大手のどこの業者からも紹介してもらえるような引っ越し屋さんだと、平気で同じ規模・距離の引っ越しでも数万以上は違います。Webの一括見積とかやるのなら、大手どころばかりじゃなく、すこし中堅くらいの業者さんもちゃんと混ぜましょう🤔

以前に一括見積やったときは、アリさんの営業さんがめっちゃデキる感じでしたねー🤔一括見積サイト使われてたからって、「うちの訪問日までに何社見積に来ました?〇社さんは〇万くらいでしたでしょ?△社さんは△万くらいでしたでしょ?」って言って貰ってる見積書の金額バッチリ当てて指し値で一番安い見積書作って帰って行ったからね、アレは、なんか驚いた🤔

とはいえ、そこらへんはきっと訪問してくる営業さんの手腕次第ってとこもあるし、複数社に見積出すのは必ずやった方がいいんだなーって話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です